【骨盤ベルト】東原亜希ダイエットの方法とは?【おすすめ】

東原亜希さんの骨盤ダイエット方法

 

2児を出産後、見事に体型を戻した東原さん。
骨盤ダイエットで体型を戻したそうです。
骨盤周りが、なんと生む前よりマイナスになったそう。

 

そんな彼女の骨盤ダイエット方法をまとめます。

 

お風呂あがりにストレッチ

仰向けで膝を立て、ぷらぷらと左右に揺することで骨盤の開きを調節。
詳しくは検索すると出てきます。

 

骨盤ベルト

彼女の熱の入れようは、骨盤ベルトを考案しちゃうほど。
書籍やDVDなども発売してしまったようです。よほど気に入ったんですね。

 

私個人的には、彼女の骨盤ベルトよりもこちらがオススメ。


リラリッチ・骨盤メイクシェイパー

かわいいし、好きなモデルさんたちが愛用していたので!
ストレッチの方法だけ真似して、ベルトはこれ。けっこうイイですよー!

 

産後の骨盤ダイエット

まず、出産後すぐは、思っていた程お腹はへこまないし、体重も減りません。
3000gの赤ちゃんを産んで、羊水も胎盤も無くなったはずなのに、体重は2kgしか減っていないという声も聞いたりします。

 

しかしながら数ヶ月かけて、ある程度なら、自然に身体はもとの状態に戻ろうとします。

 

母乳育児はエネルギーを消費するので、つい食べ過ぎてしまいます。
でも思っていたよりも、体重は増えません、むしろ日々の子育てのハードさも加わって、痩せていきます。
そんなこんなで、気がつくともとの体重に戻っていた、何て事もあるかもしれません。

 

体重は自然に戻っても、なかなか戻らないのがお腹と骨盤です。
また、母乳育児の人は、胸の形も変わります。
出産前よりあきらかにぶよぶよしたお腹に、幅の広い骨盤、授乳中は大きくて張ってた胸は、役目を終えるとしぼみだし、いわゆるおばさん体型です。
完璧に奇麗に戻そうと思うと、産後すぐから骨盤ベルトを付けて、しばらくしたら骨盤ベルトでしめながらトレーニングしたりと、努力が必要になります。
ただ、産後半年間は脂肪がやわらかいので、痩せやすいとも言われています。
これをチャンスと思い、トレーニングを頑張れば、出産前よりきれいになるかもしれません。