骨盤ベルトの正しい位置について

産後に骨盤ベルトを使う方は多くおられます。産後の骨盤は、出産のときのホルモンの影響と妊娠中に弱くなってしまった筋肉の影響で大きく広がっています。そこで、骨盤ベルトを使うことで、ウエストの引き締めや、O脚の改善にもなるのです。しかし、骨盤ベルトは正しい位置で使用しなければ意味がありません。ベルトを巻く位置ですが、まず、恥骨と太ももの骨である大転子がポイントになります。恥骨は、おへそからまっすぐにおりた位置にあります。次に大転子ですが、恥骨から外側に指でたどると、外側にでっぱった骨があります。これが大転子なのです。ベルトは、この恥骨と大転子のラインで巻きます。巻くときは、上をむいて膝をたてて寝転びます。そして、お尻を上にもちあげます。骨盤高位の状態で恥骨と、大転子のラインにベルトをもっていくのです。お尻の穴をしめて、ベルトをしめます。引っ張った力を緩めないで、ベルトをしめます。ベルトの強さですが、骨盤高位の状態でベルトの下に手を入れたときに、手のひらが一枚入るくらいです。骨盤ベルトは、正しい位置につけることで産後の骨盤を早く戻すことができます。さらにウエストの引き締めにも効果がありますし、O脚を改善することもできるのです。しかし誤ったつけかたをすると、逆効果になるので注意が必要です。ベルトを巻いていて、生活しやすいと思った場合には、ベルトをつけたまま生活することをおすすめします。骨盤ベルトは、正しい位置で巻くことで効果を発揮するのです。